• komesichi

求人広告で妊婦さんを不採用にした件

ちょっと思い出したのだらだらと書いてみたいと思います 今年の春にタウンワークを使ってアルバイト、パート求人を出させていただきました。 私の会社には、毎回たくさんの求人応募がきます 過去最高で200人ぐらいきた(当時は最低賃金) 本当に多くの方が弊社の求人サイトを見てくれて感謝しております。 しかしながら採用されるのは1〜2人ぐらいなので 多くの方を不採用にします その中で今回は妊婦の方が面接に来てくれました 
彼女は私の会社の面接に来る前に 他の会社で「妊婦だから」という事ですぐに不採用になったそうです 彼女は妊婦であることに自信を失っていました。 私はそのことにびっくりしました。 妊婦でいることが悪いわけがないと思います。 むしろ少子化で、最も大切にされるべきだと私は思っています。 妊婦さんは生活するだけでもとても大変です。 そんな人が仕事を探すということはどういう事が 会社の面接担当は人として考えて欲しい 私が面接する限り、彼女はとても素敵で才能に溢れていました。 採用すればきっと会社にとってはプラスになると思いました そして私の出した答えは 「不採用」 でした なぜか? それは彼女の通勤方法や生活のリズムを考えると 母子ともにリスクがあると考えたからです。 電車やバスを乗り継いで 子どものお迎えもしながら出産の準備もする(男にはわからない苦労) とても頑張り屋さんのママでした 会社は業績を上げるのはもちろんですが 働いてくれる仲間も幸せに働ける場所でいて欲しいのです 採用はしたかったのですが 今回は 「タイミング」 のズレが不採用という結果になりました しかし結果だけ伝えるのはなんか違うと思ったので 私の考えを文章にまとめ履歴書と一緒に返送したのです。 数日後、彼女から感謝の手紙が届きました。 不採用通知を出して感謝状が来たのは 私も初めてだったので驚きました。 そして今回井筒屋で、展示販売をしていると もう直ぐ出産を控えた彼女が来店してくれました 心から「ありがとう感謝」の気持ちになりました そんなお話

閲覧数:921回0件のコメント

最新記事

すべて表示